人気ブログランキング |

カテゴリ:*morocco( 25 )

青い街の工芸品@シャウエン*4

シャウエンの街もフェズなどのように、
工芸品などがたくさん並べられ、売られている風景が見られました。
e0244492_227445.jpg

広場の真ん中の木の周りにも、
e0244492_2292354.jpg

細い路地の一角にも。

この街の魅力もお店の商品の中にありました。
e0244492_22104326.jpg

道のわきに大雑把に並んでいるカラフルなコレ!
顔料です。
日本だとグラム単位で買う高級品(ピン切りだけど)ですが、
産地であるこの辺りでは安く手に入るそう。
だから、こんなに美しい青が保てているのです。

e0244492_22143439.jpg

この空間が魅力的で写真撮影で試行錯誤していたら、
お店のおじちゃんに話しかけられました。
e0244492_22154324.jpg

金属製のお盆に文様を彫るところを見せてくれました。
なんだかとても魅力的なおじちゃんで、
お店の中には革製品とかたくさんかわいいものが並んでいて、
ちょっと買いたくなったのだけど……
(フェズだと畳み掛けるように話しかけられて買う気が起きなかった)
海外旅行中は目が満足してしまっているのか、
物欲がわかなくてこの時も真剣に見たけれど、
コレ!という一つを見つけられなくて断念。
謝りながらお店を後にしました。
シャウエンは押し売りがほとんどなかったので、ゆっくり吟味したい場合はお勧めです。
e0244492_222127100.jpg

こんなお店でお買い物したら、リヤドみたいな素敵なお家ができるかも?

この日は一人で歩き回っていたので、
たくさん写真を撮って、歩いて、お腹がすいて……
e0244492_22225414.jpg

通りかかったこのお店に引き込まれました。
e0244492_22243521.jpg

かわいい焼き菓子がショーケースに並んでいたのです。
e0244492_22254858.jpg

英語が通じない美人なお姉さんにどうにかこうにか思いを伝えて、
二つ購入しました。たぶん300円くらい。
どちらも甘すぎず、右のはサクサク軽くて、
左はナッツが香ばしくて美味しかったです!
フランスの影響もあってか、
モロッコのパンやお菓子はとてもおいしかった印象が強い。
いろんな文化を感じるのはやはり楽しいですね。

つづく

いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪
ぽちっと応援もよろしくお願いします!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑写真をクリックするとランキング画面に飛び、
 このブログにポイントが入ります◎

by sherry-3310 | 2012-04-12 22:29 | *morocco

テラスの夜と朝@シャウエン*3

眠れなくてこんな時間に更新。
悪循環と分かっていながらもベッドの中で悶々とするのは限界でした。。。

e0244492_1474838.jpg

お部屋の目の前のひろーいテラスからの眺めです。
夜はとても静かで、街灯も暖色なので昼間とは印象が全く違います。
e0244492_1511688.jpg

朝は周辺の山々から明るくなり、徐々に街に光が届き始めます。
e0244492_1521891.jpg

シャウエンの街は遠くから、上から、眺めるのと、
入り込むのとでは全く印象が異なるのがよくわかる一枚です。
テラスからの眺めはスペイン・アンダルシア地方のような、白の印象が強かったです。
e0244492_1541775.jpg

そんな素敵なテラスで朝ご飯です。
テーブルセットも数組あり、
『どこで食べる?』
と聞いてくれました。
e0244492_1555558.jpg

しぼりたてのオレンジジュースとコーヒー、
そして数種類のパンとジャムやはちみつが並び、
さわやかな朝の時間を楽しみました。
ここでずっとのんびりしているだけでも、
十分にモロッコを楽しんでいる、そんな感覚を味わいました。

時系列は前後しますが、
もう少しシャウエンの街の魅力をお伝えしたいと思います♪
つづく

いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪
ぽちっと応援もよろしくお願いします!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑写真をクリックするとランキング画面に飛び、
 このブログにポイントが入ります◎

by sherry-3310 | 2012-04-11 01:58 | *morocco

リヤドに泊まろう!@シャウエン*2

リヤドとは……
中央に吹き抜け空間を持つ、モロッコ特有の建物の宿泊施設。

e0244492_9234430.jpg

吹き抜けの脇の階段を上って部屋を目指します。
空室があれば、同じタイプの部屋をいくつか見学し、
その日のお部屋を決めさせてもらえるようで、
二部屋からテラス脇の部屋を選びました。
e0244492_9253396.jpg

こちらが宿泊したお部屋。
インテリアがとってもキュート!
e0244492_9264598.jpg

お部屋からはすぐにテラスに出られます。
e0244492_9273982.jpg

テラスは広いし、街が眺められて最高!
しかも独占しちゃいました☆
e0244492_9285086.jpg

テラスは日差しが強かったので、
階段の踊り場のソファものんびりするのに使っていました。
他にお客様がいらっしゃらなかったので、
存分にリヤドの空間を楽しむことができました!
e0244492_9311030.jpg

こんな素敵な場所からお出かけできたことも、
シャウエンをより楽しめた一つの理由かも?

つづく

いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪
ぽちっと応援もよろしくお願いします!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑写真をクリックするとランキング画面に飛び、
 このブログにポイントが入ります◎

by sherry-3310 | 2012-04-10 09:33 | *morocco

青の世界に迷い込む@シャウエン

e0244492_1454364.jpg

遠くからだと、白く見えていた街並みも
e0244492_14545556.jpg

自分が入りこんでいくと一面ブルー。
目線や腰の高さから下に濃い青を用いている部分が多いのも、
遠巻きの印象との差が大きい一つの理由かもしれない。
e0244492_1457159.jpg

じっくり見ていると白の上に幾重にもブルーが重ねられているのがわかり、
より青い街へと日々進化しているかのようにも伺える。
白と青にカラフルな洗濯物、
ここでは日常の風景も一つのアート作品のようで、
すぐそばに生活がにじみ出ているのに、
生活感が感じられない不思議な感覚に囚われた。

つづく

いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪
ぽちっと応援もよろしくお願いします!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑写真をクリックするとランキング画面に飛び、
 このブログにポイントが入ります◎

by sherry-3310 | 2012-04-09 15:00 | *morocco

現地発ツアーを頼んでみた@モロッコ

ずっと中断していたモロッコ旅行記再開です。
吹雪の北海道の記事を後回しにするのがはばかれたからなのですが、
この旅行記はいつまでかかるかわからないくらい充実していたので、
今後も度々の休憩が予想されますが、のんびりお付き合いください◎


タイトルの通り、フェズ以降はフェズ発のツアーをお願いしてありました。
モロッコ、というより初めてのアフリカ大陸に対する不安軽減が目的です。

お願いしたのはラ・ノーリアトラベルさん
フェズ出身の旦那様と日本人の奥さまが経営されています。
↑サイトにはわたしが旅行中に撮影した写真を使っていただいているので、
シェフシャウエンに関するツアーのページをのぞいてみていただけると嬉しいです。
(そのうちこちらのブログにも登場する写真たちですが……)

ツアー初日の朝、ホテルまでお迎えに来てもらい、
e0244492_11492577.jpg

こちらのお車で出発です。
旦那様がガイドをしてくださったのですが、
日本留学経験もある方なので、日本語OKです。
e0244492_11503781.jpg

街と街を結ぶ道では所々で出店が出ていました。
特産物から工芸品までが所狭しと並べられ、
ミントティーをふるまってもらいました。
e0244492_11522835.jpg

ツアーの魅力の一つは好きなところで止まってもらえること。
景色のよいところ、途中の魅力的な街。
の~んびりと目的の街に向かいました。
それでも、バスの所要時間とほとんど変わらず。
e0244492_11571050.jpg

フェズから一番行きたかったシャウエンという街に到着しました。
シャウエンは街並みがブルー一色という、不思議な街です。
↑遠くからの写真だと白く飛んでしまっていますが、
これから、そんな不思議な街をご紹介していきます!!!

いつも遊びに来てくれてありがとうございます♪
ぽちっと応援もよろしくお願いします!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑写真をクリックするとランキング画面に飛び、
 このブログにポイントが入ります◎

by sherry-3310 | 2012-04-08 11:58 | *morocco

一番のオススメ!@フェズ*9

いろんな思いをつづってきたフェズ記、
一応最後にしようと思って、
(書ききれないことがたくさんなので、思いつきでまた書くかも、です。)
一番のオススメの場所を紹介しようと思います。
e0244492_21431365.jpg

それはココ↑ダール・バトハ博物館。
この写真だけだと、どこが博物館かわからないですよね笑
e0244492_2146528.jpg

e0244492_21523398.jpg

でも、ここの魅力は展示品ではないのです!爆
青々とした中庭、木漏れ日の回廊……
とても落ち着ける空間が広がります。

19世紀に建てられた宮殿を改装したものということで、
空間がゆったりしていて、さらに展示品がすごく少ない!!!
日本で博物館というと(EUとかもそう)、
見ごたえたっぷりすぎて疲れてしまうものが多い印象だけど、
フェズの郷土資料館といった内容量で、
展示品を見るのも楽しいけれど、
さらっと見て庭園でのんびりするような雰囲気がとてもよいのです!
(中庭でカップルもいちゃついてたし笑)
e0244492_2159332.jpg

博物館にいたにゃんこ。
そうそう、モロッコには猫がたくさんいました。
猫の祖先はこっちの地方が出身だそうです。
e0244492_2212515.jpg

テラスでネコちゃんも寛いでました。
その背中を眺めながらの~んびりしたのが忘れられません。
フェズを訪れたらぜひ、一味違った博物館を楽しんでみてほしいです♪

長くなったフェズ旅行記。
いったん締めくくって次の街に行きたいと思います!
お付き合いいただきありがとうございました!!

行きたいと思ったら、
ぽちっ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪

by sherry-3310 | 2012-03-22 22:03 | *morocco

イスラム文化(芸術)に触れる@フェズ*8

ヨーロッパに行くほとんどの方が、
一度は訪れるであろう場所は大聖堂なのではないかと思います。
日本の寺社がそうであるように、
西洋の聖堂はそれらの国の文化に近づくことのできる場所であるからです。

モロッコではモスクがその場所です。
しかし、モスクの多くは信者のみが入ることのできる空間でした。
そのため、イスラム装飾の施されている空間を
しっかりと楽しむことができた場所の一つは……
e0244492_2285467.jpg

中庭の見学が許されている、
かつての神学校の校舎でした。
e0244492_2295235.jpg

青い空を切り取る中庭の天窓。
フェズの旧市街の中にありながら、
外部の喧騒は全く感じられず、
とても静かなその空間はモスクの中のように、
神聖な場所であると感じました。
e0244492_22124756.jpg

e0244492_2213938.jpg

フェズを訪れたらぜひ、足を運んでほしい場所の一つです。

次の記事でフェズの報告を終えたいと思います。
もう少しお付き合いください。

ランキングに参加しています!!
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪

by sherry-3310 | 2012-03-21 22:14 | *morocco

タンネリを目指す@フェズ*7

フェズらしいところナンバーワンかもしれない、
タンネリというなめし革の染色場を目指します。

日本人観光客のほとんどが訪れるのでしょう、
道すがらたくさんの人が
「タンネリあっち」、「タンネリ、連れて行ってあげるよ」
と話しかけてきます。
(もはや何語で話しかけられたのかは覚えていませんが。。。)
それらの声掛けをかわしながら進みます。

タンネリが近付き、
最後の曲がり角のところでオジサンにつかまりました。
タンネリは建物の上からじゃないと見られない、と。
……確かにそういう雰囲気だった。

そう思ってしまったが最後、完全にオジサンのペース。

オジサンに連れられてある建物に案内され、
チップを要求され、100円くらい支払う。
建物を上ると、
e0244492_1103332.jpg

写真集で見た光景が広がります。
e0244492_1112317.jpg

e0244492_1114947.jpg

たくさんの染色液が並び、
染められた革が干されています。
そして、若い少年などがせっせと働いています。

ここから若い男性によるアピールが始まります。
「ここで働く家族のために革製品を買って」
「みんな‘ビンボー‘なんだよ」
「こんなに働いても暮らしていけないんだ」
「なんで日本人は買い物して行かないんだ」
……一気に話しかけられ。。。
あー、やっちゃったなぁと思いました。
オジサンについて行っている段階でも不安はありましたが、
どちらかというとちゃんとこれを見たいっていう気持ちが勝っていました。

モロッコのよくあるパターンですよね、コレ。

そして、チップを渡してこの建物を後にしました。
そのチップが働いている人たちの暮らしにいかされることはきっとないでしょう。
その建物は革製品が多く置かれていましたが、
お店の体はなしていなかったので、
わたしたちのように連れられていく以外に
販売に至ることはないように思われました。

ん~。
洗礼を受けたというのか、
なんといったらいいのか。
すっきりしない体験でした。
が、観光客が何かを買うことで生活が支えられているのであれば、
あの要求や日本人が買わないこと(どこまで本当かわからないけれど)への不満は
当たり前のことかもしれません。
見るだけの観光では彼らに利益が生まれないのですから。

……複雑な気持ちにはなりましたが、
タンネリの風景は見に行ってよかったです。
前後の過程にとらわれて書きそびれていましたが、
タンネリは独特の臭さがあるので、覚悟して行ってください!

フェズはつづきます。

ランキングに参加しています!!
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪

by sherry-3310 | 2012-03-20 11:16 | *morocco

中途半端……@フェズ*6

昨日の更新が少し中途半端になってしまったのは、
フェズを訪れて、モロッコの文化に触れて受けたカルチャーショックが大きかったから。
文章を書きながら、どうやったらうまく伝えられるのだろうと手が止まってしまった。
e0244492_1741857.jpg

フェズの旧市街の狭く、アップダウンの激しい道で、
せっせと物資を運ぶのはロバの仕事。
たくさんの人が行きかいながら、
ロバの邪魔にならないように自然とよける。

わたしが魅力的に感じるこの街並みは、
人々が現代的な暮らしやすい生活を求めたら、確実に残らない。
(この価値観自体が日本で生まれ育ったわたしと彼らとでは大きく違うのだが。)
昨日書いたように鳥の姿をしたままのニワトリを、
鶏肉として購入するということに衝撃を受けるのは、
わたしが普段自分がいただいている食事の本来の姿を
あまりにも考えていなかったからなのかもしれない。
日本でもどこかで誰かが動物をさばいているのだ。

自分の当たり前としている日常は、
かなり利便性を求めて簡略化されていたものであるということ。
そんな生活を送るわたしが、
この街を魅力的だといい、いつまでもこうであってほしいと願うことは……
とてもわがままなことである。

そんなことを考えながら、
けれども、フェズの人々は現在の生活を不便であるとか、
変化を求めているのだとか、そういうところまでは知ることができず、
とてももどかしく思っていたのです。
e0244492_17515935.jpg

一緒に旅をしていた父いわく、
戦後の日本に近いものが今もここには残されている、と。
自分が経験していないことを、
どこまで想像の中で理解できるのかはわからないけれど、
貴重な経験ではあったと思います。
ただ、やはり言葉にしようとするとうまくまとまらないのです。

でも、あともう少しフェズで見た、
素敵なもの、フェズらしいものを紹介しようと思います。

ランキングに参加しています!!
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪

by sherry-3310 | 2012-03-17 17:54 | *morocco

土曜日のメディナ@フェズ*5

休息日の翌日はとっても賑わう土曜日。
e0244492_23261860.jpg

メディナの入り口の方は食料品を扱う出店が軒を連ねる。
量り売りの野菜、
大量に積み重なるクスクスのやま、
にわとりを丸のまま、逆さづりにして持ち帰る人。
初めて目にするものばかり。
e0244492_23285424.jpg

e0244492_23291727.jpg

こういう、工芸品のイメージが強かったから、
食品の取り扱いの概念の違いはとてもショッキングだった。
e0244492_23303998.jpg

金物の職人街。
鍋などの日用品のほか、
e0244492_23311862.jpg

飾り金具のような繊細なものまで。
土曜日で、地元の人もたくさん買い物に出てきているけれど、
スークには働いている人がたくさん。

文化の違いに戸惑いながら、
迷路の街に戸惑いながら、迷いながら……

つづく

ランキングに参加しています!!
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪

by sherry-3310 | 2012-03-16 23:33 | *morocco