<< 洋館巡りさんぽ@神戸 伝建地区さんぽ@倉敷 >>

路地裏さんぽ@長崎

神戸の話をする前に……
一年前に出かけた長崎の話をしたいと思います。
長崎と神戸は洋館建築が多く残る街並みで、
神戸の話をするには長崎が外せないのです。

路地裏の写真集がお気に入りの私は、
私自身も細い路地に迷い込み、写真を撮るのが大好きです。
e0244492_9385642.jpg

e0244492_9374778.jpg

長崎市内には有名な階段や坂の街並みの中に
素敵な路地がたくさんあり、
e0244492_938456.jpg

洋館建築も印象的ではありましたが、
e0244492_9383432.jpg

こんな風にねこちゃんが歩いているような、
生活がにじみ出ている雰囲気が素敵だったのです。
e0244492_9391328.jpg

こちらは国宝の大浦天主堂です。
大浦天主堂周辺は開けていますが、
てくてくと階段と坂を登っていくと小さな路地がたくさんあるのです。

そして、お気に入りとなった長崎の街並みを一望できるのが稲佐山です。
昼の街並みから夜景まですべてを楽しみたかったので、
二時間ほど滞在し、市街とは反対側の海に夕日が落ちていくのもしっかりと見送りました。
e0244492_9393087.jpg

こちらは市街の夜への移り変わりです。
e0244492_9394246.jpg

e0244492_940077.jpg

e0244492_9401212.jpg

長崎は住んでみたいと思うくらい、気持のよい街でした。
一人で写真を撮りながら歩いていると地元の方が話しかけてくださり、
東京では味わうことのない温かな気持ちになれたのも一つの理由だと思います。
そして、階段が多く、狭い路地が多いことに起因する地形が、
洋館建築の街並みをより美しいものにしていると感じました。

もう一度訪れたいです。

ランキングに参加しています!!
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
↑ぽちっとしていただくと順位が上がっていきま~す♪
[PR]
by sherry-3310 | 2011-10-07 09:40 | お散歩
<< 洋館巡りさんぽ@神戸 伝建地区さんぽ@倉敷 >>